読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいもんブログ

「どうでもいいこと」から「どうでもいいこと」まで。何でも書いています。

節分が近づいたので、鬼に効果的な豆を調べてみた

まとめ・ランキング

f:id:jack24bowwow:20160125182430j:plain

急に寒くなって、実家の福岡は大変だったみたい。

熊本は北海道の気温よりも低くなったんやろ?

 

実家といえば節分を思い出す。

子どもの頃、父を鬼に見立ててみんなで豆をまいたものだ(母も)。

「おには~そと、ふくは~うち」

なんて言いつつ、鬼に豆を投げあてた。

 

「いてて、いてて、やめてくれ~」

言葉では言いながらながら、日ごろ仕事で家に居ない鬼は、ちょっと嬉しそうな顔で玄関から逃げていくのであった。

鬼の恰好をした父との時間を、子どものころの私はきゃっきゃきゃっきゃと楽しんでいた。

 

あぁあの頃がなつかしいなぁ・・・

 

そんな昔を思い出していて、節分について調べてみたら、ウィキペディアにはこうあった。

節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春立夏立秋立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。・・・鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがある

 

『鬼に豆をぶつけることで、邪気を追い払う』

言い換えるなら、豆をぶつけることで鬼が逃げていかなければならないということ。

子どものとき、鬼が逃げていったのは紛れもなく「じゃれあい」であった。

 

しかし、本当に邪気を払うことを願うならば、そんな「じゃれあい」では鬼は出ていくまい!!

生とは戦い!!気を抜いた瞬間、命を取られる!!

瞬きはイノチトリ!!!!

 

・・・これが、東京での10年に渡る生活で身に染みた生きる姿勢である。

甘いことは言っていられないのである。

 

というわけで、本当に鬼に対して効果がある”豆”を試していく。

 

 

(本当は、友だちとの宅飲みにて、話の流れでこんなことに。

 仲間うちでの話におさめてたら悔しいので、書きました。

 酔った勢いでとはこのこと。お酒怖い。だめ、ぜったい。)

 

 

鬼を私、だいもんがつとめる。下はパンツ、上はTシャツ1枚だ。

投球ならぬ投豆者として友だちの元野球部Yくんにお願いした。

鬼から5メートルの距離で豆を投げてもらった。

 

 

1.大豆

f:id:jack24bowwow:20160125172734j:plain

 

豆まきの定番、大豆。

これまで何十年にもわたって各家庭において実践投入されてきた、オーソドックスな対鬼兵器。

子どもが投げただけではびくともしないが、大人が本気で投げたらどうだろうか。

 

結果:普通に痛い。

 

豆まきなめてた。

大人の本気で投げた大豆は痛い。

布1枚では防ぐことのできない痛さ。

これは鬼も出ていくわ。

 

 

2.コーヒー豆

f:id:jack24bowwow:20160125174428j:plain

 

香り高い、黒いダイヤモンド。

毎朝お世話になっております。個人的には大豆よりも身近な豆かもしれない。

大豆よりは小粒。

 

結果:普通に痛い。

 

大豆程ではないが、痛い。

たぶん、元野球部がいけない。

5メートルの距離もいけない。

もう、やめたい。

 

 

 

3.そら豆

f:id:jack24bowwow:20160125174833j:plain

 

フレッシュ。大型。期待の新人。

これまでの豆よりも水分が多い。というか単純にでかい。

何度も言うが、もうやめたい。

 

結果:ケガするくらい痛い。

 

いや、投げる前に想像つくでしょ、Yくん(笑)

見事2粒ほど、だいもんの太ももにヒットしたわけなんですけど、当たったところ青赤くなりました(笑)

このチャレンジ受けた俺も俺(笑)

お酒の力こわい

 

 

結論

  • 野球部に豆を投げさせたらダメ
  • 酔った勢いはダメ
  • 鬼に豆は(きっとかなり)効く
  • もっと優しく生きよう