読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいもんブログ

「どうでもいいこと」から「どうでもいいこと」まで。何でも書いています。

保育士の給料って…

どうも、だいもんです。

 

もうかなり時間が経っちゃいましたが、「保育園落ちた日本死ね!!!」が話題になりましたね。

 

anond.hatelabo.jp

 

子どもも、ましてや結婚していない僕からすると、「保育園がないとこんなに困るのかぁ」と考えさせられる記事でした。

魂の叫びだったんでしょうね。

 

この記事を受けてメディアでも賛成・批判がたくさんあるみたいですけど、とにかく言えることは、子どもを安心して育てられる仕組みを作らなければならないこと。

それは行政だけの問題じゃなくて、社会全体が変わっていかないといけないことなんでしょうね。

 

保育園が足りないのに、保育士は余ってる現状があります。

保育士の資格を持ってる20代の友だちがいますが、今は保育士として働いていません。

どうしてか聞くと、「大変な割に給料が安すぎる」とのこと。

他の仕事をした方が生計にはいいんですね。

 

保育園の数と保育士の数のアンバランス。

何とかならないんでしょうか。

 

調べてみると、保育士の給与は地域によって様々。

f:id:jack24bowwow:20160325111319p:plain

横浜市の保育士・幼稚園教諭の求人なら【保育のお仕事】

 

効率認可保育園の初任給だけを見てみると、

川崎市  201,152円

横浜市  199,024円

東京23区 185,600円

全国   160,000~170,000円

 

神奈川県は全国でも保育士の給与が高いんですね。

自治体の取り組みにも関係があるのかもしれないですね。

でも、やはり全国平均を考えると低い…

子どもの数は都心の方が当然多いので、需要と供給を考えれば当然ともいえますが。

 

少子高齢化の問題は時間が経つほど深刻化します。

早めに動き出さないと、今の子どもが大人になったとき困ったことになりますよ。

 

 

結婚していない僕が、珍しく真面目につぶやいてみました(笑)